Vatreni

About Croatia national football team

嬉しさと切なさ

f:id:lavieenrose0427:20181225171507j:image

 

12月22日。

レアル・マドリードがクラブW杯を制し世界王者に輝きました。

 

また、大会三連覇という偉業を成し遂げました。

 

ルカも決勝でゴールを決める大活躍をしました。

 

 

とても嬉しかったです。

しばし、勝利の余韻に浸っておりました。

 

この記事を書いた後に投稿したものですが、そのときの備忘録はこちら(別ブログ)↓

 

www.encanta-europa10.com

 

しかし、その後にその勝利の喜びをかき消すお知らせを目にしました。

 

サッカージャーナリストの長束さんのツイートです。

 

 

ニコ、監督ライセンスを受講中とのこと。 

 

このツイート内容は、ニコの現役引退を示唆しているように感じてしまったのです。

 

サッカー界に全く姿を見せなくなったニコ。

心のどこかで復帰はもうないのだろうな、と思う反面、またプレーが観れるかもしれない期待もしていました。

 

しばし、呆然としてしまいました。

 

久しぶりにニコファンのかたのツイッターアカウントを見にいくと、私の心の声と同じようなことが呟かれていました。

 

ニコが現役引退したら、サッカーなんてどうでもよくなりそう。

  

ニコがいなかったら、クロアチアサッカーに興味をもつこともなかった。

 

引退を薄々感じてはいたけれど、ファンとしてはまだ期待していたのに。

 

まだまだプレーを観ていたい

 

ほんと、ニコがいなかったらここまでサッカーに熱くなることなんてなかったよ…。

 

サッカーが美しいと思うこともなかったし。

 

ルックスはもちろんのこと、プレーのスケールが大きいこと、記憶に残るシーンが多いこと。

 

そして、知れば知るほど惹かれるニコのパーソナリティー。

 

私はクロアチアサッカーファン兼マドリディスタですが、それ以上にニコ・クラニチャールというプレイヤーが大好きだったのです。

 

想いを文字で表すと、こんな感じです。

 

ニコ・クラニチャール >>>>>>>>>> クロアチアサッカー = レアル・マドリード >>>その他好きなプレイヤー

 

日本語の記事見つけられず、クロアチア語で検索したらありました。

 

dalmatinskiportal.hr

 

まずは、気を取り直してフットサルの動画を探すことにします。

 

f:id:lavieenrose0427:20181225180508j:plain

 

サッカー界には素晴らしい選手がたくさんいます。

 

ですが、これほどまでに魅了され心を打たれたサッカー選手を私は他に知らないです。